モノが豊富にあふれ、消費者のニーズが多様化し、消費者個人が自分自身のライフスタイルを追求する時代となった昨今、過去のようにモノを「作れば売れる」という時代ではなくなりました。
新しい商品やサービスを開発しても、すぐに競合他社が模倣をはじめ、あっという間に同じ競合する商品やサービスが出回ります。
本当に差別化が難しくなりました。

そういう時代の流れの中で、状況に応じて戦略的にマーケティングを考えていく必要があります。

まず、自社の商品やサービスを世の中に広く知っていただく戦略が必要な場合は、市場全体に画一的に広報をかけていきます。
テレビCMや新聞、雑誌などのマスメディアの活用は、よく知られた手法です。
CMや広告などを見るとよく分かると思いますが、一般消費者を対象としたB to Cのビジネスが中心です。家庭で一般的によく使われる商品や、一般消費者がよく使う量販店などの広告は、マスメディアで頻繁に見かけます。
この手法は、多額の費用はかかりますが、その分一般消費者への知名度は高まり、多くの一般消費者を見込み客にすることが出来るので、多額の資金を回収する可能性が高まります。

逆に、企業を対象としたB to Bビジネスの場合、顧客の対象が絞られます。またB to Cでも、非常にニッチな分野でのビジネスの場合も、顧客の対象が絞られます。
このようなビジネスの場合、市場全体に広報をかけて世間的な知名度を高くしても、対象顧客が絞られているので見込み客も絞られます。つまり投資に見合った回収が難しくなります。
このような対象顧客が絞られるビジネスの場合は、その対象顧客に合わせた広報戦略を考える必要があります。
例えばDMを送る、テレアポ営業をする、ネット広告で対象を絞るなどは、よく使われる手法です。
また個人やベンチャー企業など、資金力や競争力が無い状態での戦略も、対象顧客を絞った広報戦略が必要となります。

自社のビジネスや状況などに合わせた戦略を、よく考えて実行することが大切です。

マーケティング施策

ダンサーキャスティングのプロモーション活用事例

映画やドラマに出演する登場人物には最適な俳優が、アニメに登場するキャラクターには最適な声優が割り当てられます。一般的に、老人の役を若い俳優が担当することはありませんし、少女の…

ファンを作るためのオウンドメディアとは?

自社のWEBサイトのブログなどで自社独自のコンテンツを公開するのが、オウンドメディアです。制作のポイントは、自分たちが宣伝したいことを書くのではなく、ユーザー目線でコンテンツを…

市場分析

マーケティングに用いるSWOT分析とは?

SWOT分析というマーケティング分析手法があります。 これはその会社の事業チャンス、事業リスク、その会社の強み、弱み、これらの要因を分析することです。 成長戦略を立てるための分析で…

適切なマーケティングリサーチの手法について

マーケティングリサーチには大きく分けて2つの種類があります。それは定量調査と定性調査です。定量調査とはアンケート票などを用いて行うことで統計的なデータを算出する調査です。例え…