マーケティングに用いるSWOT分析とは?

SWOT分析というマーケティング分析手法があります。
これはその会社の事業チャンス、事業リスク、その会社の強み、弱み、これらの要因を分析することです。
成長戦略を立てるための分析です。

まず、マーケットで集めたマクロ環境の情報が、ミクロ環境にどう影響するか調べます。
その影響による、チャンス、またリスクを特定し、その後、ミクロ環境が成功した要因を特定します。
マーケット環境、製造環境、財務環境、また組織、これらの内部環境から、その会社の強みと弱みを特定します。
なおマクロ環境とは顧客のニーズ、ライバル会社の動向、また業界の変化や業界における技術の進歩、それから政治や社会などの動向、業界を取り巻いている環境のことです。
ミクロ環境とは経営資源など業界内の環境のことです。
マクロ環境は変えることができない要因ですが、ミクロ環境は努力しだいで変えることができる要因です。

このような分析から、チャンス、リスク、強み、弱み、これらのSWOT要因を特定します。
特定したものを分析します。
そして、何を実行するか決定します。
回避、また克服することも決めましょう。

分析手順をまとめると、SWOT要因の特定、マクロ環境、ミクロ環境、内部環境の情報の収集です。
これらの分析をして、成長戦略を立てます。
分析がいったいどういうものか具体例を挙げます。
A社がテレビを販売しているとしましょう。
A社が社会環境や技術環境などマクロ環境の動向を調査したとします。
そのマクロ環境の動向がA社にどう影響するか分析したとします。
結果として、A社独自の技術が活かせるチャンスがあることが判明したとします。
この分析を踏まえて、成長戦略を立ててください。