DM発送のコストを抑えるには?

企業では、まず商品の開発や製造に力を入れます。良い商品を販売することが商品購入に繋がり、企業の利益になるためです。しかし、どんなに良い商品も、お客様に「買いたい」と思ってもらわなければ意味がありません。そのために企業では販促のためのアプローチをします。特に、新しく発売されたばかりの商品は品質や性能が未知であり、手にとることをためらう方が多くいるため、アプローチが欠かせません。

1人でも多くのお客様に新商品を購入してもらうため、企業側から実施するアプローチ方法はいくつもあります。こちらでは、費用対効果に優れているDMを用いたアプローチの方法を取り上げます。

DMを利用するメリットは、過去の商品購入履歴やアンケート回答などから、お客様ごとのニーズに沿った情報提供ができるという点です。ニーズに沿った情報提供といっても、発送したDMに対して必ずしも反応があるわけではありません。しかし、チラシのように無作為に情報を提供する方法に比べて、効果が見込めることは確かです。

そんなDMの発送にかかるコストを抑えるカギは業者の選定にあります。

代行会社を選ぶポイント

DMを用いたマーケティングでは代行会社に発送を依頼します。自社で運送会社へ持ち込むよりも、コストを抑えられるためです。

ひとくちに代行会社といっても、提供しているサービスの内容は多種多様です。サービス料金が安い代行会社を選ぶことがベストとは言えません。しかし、発送にかかるコストを無視できないことも事実です。そこで、代行会社を選ぶ際のポイントを1つ紹介します。運送会社と特約の契約を結んでいるかどうかです。

特約の契約を結んでいると、通常よりも送料が安くなります。DMにかかるコストの大部分は送料によるものなので、送料を抑えることが、コストを大きく減らすことに繋がるのです。

特約を持っている代行会社は?

特約を持つことで送料が安くなると分かりました。しかし、特約の契約を結ぶためには条件を満たす必要があります。一定期間内に決められた件数の郵便物や宅配便を発送していなければ、特約を持つことができません。

例えば、ある大手の配送会社は、月に100件以上の宅配便発送を条件として、特約を持つことが可能となっています。ただし、3ヶ月ごとに料金の見直しがあるため、定期的な宅配便の発送が必要です。

条件があるため、代行会社の中でも特約を持っている会社はそれほど多くありません。コストを抑えたDM発送をするためには、運送会社と特約の契約を結んでいる代行会社を探すことが必須となります。

そうはいっても、数多くある代行会社を1社ずつ調べるためには、手間と時間がかかります。そこで、特約を持つ代行会社の中でも、特に低コストでサービスを利用できる会社を紹介します。

年間3億通のDMを発送しているメールカスタマーセンターは、ヤマト運輸と日本郵便の2社と特約の契約を結んでいます。送料が大幅に抑えられるため、DMを格安で発送することができます。発送代行だけではなく、作業代行のサービスも格安で提供されている点が、メールカスタマーセンターの強みです。格安だからといってサービスの質が悪いということはなく、個人情報に配慮し、丁寧に作業をおこなう会社です。