ダンサーキャスティングのプロモーション活用事例

映画やドラマに出演する登場人物には最適な俳優が、アニメに登場するキャラクターには最適な声優が割り当てられます。一般的に、老人の役を若い俳優が担当することはありませんし、少女の声を太い男性声の声優が担当することはありません。それぞれの役を最大限魅力的に演じることができるキャストが採用されます。

同様に、様々なシーンで活躍するダンサーも、やはりシーンごとに適切なキャスティングがされるべきです。例えば、誰もが知るテーマパークであるディズニーランドでは、日々パレードショーが開催されています。こちらのパレードで踊るダンサーは、表現力だけではなく、テーマパークダンスの基礎が踊れること、露出度の高い衣装が似合うプロポーションを維持することが求められます。お客に対して最高のサービスを提供しているディズニーランドでは、ダンサーの選抜にも手を抜きません。

マーケティングにダンスを取り入れる場合も、媒体ごとに適したダンサーをキャスティングすることで、見ている人を惹きつけ、興味を持ってもらうことが可能です。ダンサーを活用したマーケティングを考えている場合は、まずどのような媒体で、どのようなダンス演出を取り入れるかをしっかり固めましょう。

<テレビCM>

テレビCMの放映時間は約15秒間です。この間に商品の詳細を伝えきることは難しいと言って良いでしょう。そのため、テレビCMは商品の詳細を知ってもらう場ではなく、商品の存在を認知してもらう場と考えてください。有名な俳優や芸人のようなタレントを出演させることで、ファンをはじめとした視聴者が15秒間という短い時間でCMに興味を持ちます。商品を認知することで、商品に関して調べる視聴者もいるため、購入にも結び付くと期待できます。

<アーティストのプロモーションビデオ>

この場合、メインとなるのはアーティストです。テレビCMの時のように有名なタレントを出演させてしまっては、肝心のアーティストに注目されない可能性があります。そのため、プロモーションビデオには存在を主張しすぎないダンサーが理想的です。ダンスのジャンルやダンサーの外見はプロモーションビデオの内容によりますが、音楽という芸術作品を宣伝する媒体であるため、ダンスも含めたすべてが1つの作品と評価されるように、ダンサー自身の技能も重要です。

<地域のプロモーション動画>

各都道府県や市町村など、地域の活性化を目的としてプロモーション動画を用意することがあります。このような場合は、ダンスの技能以上に親しみやすさを感じさせるダンサーであることが大切です。場合によっては、大人以上に明るく楽しいイメージを与えられ、大げさな表現も受け入れられやすい子どものダンサーを採用しても良いかもしれません。その地域の出身タレントに仕事を依頼するケースもあります。

媒体ごとに適したダンサーに迷った場合は、キャスティング依頼を請け負っているプロダクションに相談しましょう。ダンスプロダクションHIPJIVEは、ダンス業界25年のキャリアを持つ代表が、ノウハウを活かし、最適なキャスティングをすることで有名です。同時に、高いダンススキルを有したダンサーの派遣もしています。ダンサーキャスティングの他、ダンサー派遣をご検討の場合もご利用いただけます。

←ダンサーキャスティングの依頼はHIPJIVEの公式ホームページから可能です。